すみれ漢方施薬院薬局 メインイメージ
かかりつけ薬局



TOPIC 『夏』は五臓六腑の『心臓』負担が大きくなる季節

今月のイラスト

 漢方の陰陽五行説では『夏』は五臓六腑の『心臓』の負担が大きくなる季節と説いています。 伝統漢方薬のなかに古より『脳と心臓を護る起死回生の妙薬』と言われている漢方薬が、現代に伝承されています。 この有名な漢方薬の故郷が韓国です。

 韓流テレビや映画の時代劇から現代劇まで『命を護る金の玉』として頻繁に登場している漢方薬こそが『牛黄清心元』です。

 熟年代の方は、いつもこの起死回生の妙薬とも言われています『牛黄清心元』を1丸、手元に持っていて下さい。

 熱中症で頭がボーとしたり動悸・息切れを感じたら即、『牛黄清心元』を適量、齧って食べて下さい。

 購入時に『1/2丸とか1/4丸に分割して』と言えば専任薬剤師が 専用器具で分割致します。

冠元顆粒 麦味参顆粒

かかりつけ薬局

 薬に関しての説明や相談に専門の薬剤師がお答えしております。

 当薬局では保険調剤である院外処方箋を応需しております。病院で処方されるお薬で気になる事はありませんか?病院の血液検査などで気になる事はありませんか?今まで気にはなっていたけど聞けなかった事などご相談ください。当薬局では漢方薬専門ではありますが病院で処方されるお薬や血液検査の内容なども専門知識のある薬剤師がご相談にお答えしております。病気について相談できる『かかりつけ薬剤師』『かかりつけ薬局』見つけてみてはいかがでしょうか。

ガンの方

 人間の身体は約60兆の細胞からできています。その細胞は人間の設計図であるDNAを基に複製され入れ替わっていきます。しかしながら、その複製の際に様々な要因で複製を失敗することがあります。その失敗によって出来た細胞がガン細胞です。このガン細胞は体内で1日数千出来ていると言われていますが、通常は免疫細胞により死滅させられます。ところが免疫力が落ちたりしているとガン細胞が増殖し続けて正常な細胞を圧倒してしまうのです。これがガンの発病メカニズムです。

 ガンになってしまうと、抗がん剤による治療、手術による切除、放射線治療などが主なものになりますが、どの治療も副作用は避けて通れません。誰しも必ず重篤な副作用が出るわけではありませんが、身体に負担をかけることに変わりはありません。そういった治療の際に体力や免疫力が落ちてしまい、ガン細胞が再び悪さをすることがあります。それが転移であったり再発であったりするのです。

 そういったガンの治療の際に、免疫力を上げたりガン細胞が増殖しないようにしたりすることで治療の効果を上げたり副作用軽減したりすることで再発や転移を予防することが期待できます。

 そういった方にお勧めの「紅豆杉」「シベリア霊芝」「BCEx503」「万寿霊茸」など、各種取り扱いしております。

紅豆杉

慢性疾患でお悩みの方

 様々な現代病や生活習慣病でお悩みの方。

 高血圧・糖尿病・高脂血症・喘息・アトピーなど様々な慢性疾患でお悩みではありませんか?病院での血液検査などの結果が思うように好転していかなくてお悩みではありませんか?慢性疾患は日々の生活の習慣から徐々に蓄積されて発病する疾患で、なかなか治りにくく治療に長い時間が必要な事が多いです。こういった疾患を病名だけで薬を選択するのではなく、一人一人の体質や体の状態を見て、最適な処方を考えてゆきます。その上にしっかりと食事や生活などの改善をすることにより効果を高めていきます。


妊娠準備

 思うような妊娠が出来なくてお悩みではありませんか?より良い妊娠が出来る環境作りしてみませんか?

 通常の夫婦生活を続けているにも関わらず、思うように妊娠が出来ない不妊症。こういった不妊症に長い歴史のある中医学の知識に近代医学の考え方を併せ、妊娠の効果を高める「周期療法」というものがあります。周期療法とは、基礎体温を使った月経周期にあわせて漢方薬を使い分ける事により、より良い妊娠を目指すものです。

 それに加えて不育症というものがあります。不育症とは、妊娠しても流産・早産などにより、胎児が出産まで育たない状態をいいます。近年こういった不妊や不育症の方は約10%もいるとも言われ、珍しい事ではなくなってきています。

 漢方薬を使う事により妊娠の確率を高めるだけではなく、元気な赤ちゃんをつくるための質の高い卵子をつく事を目指します。女性にとって最も健康で質の高い卵子ができるのが20代前半くらいで、その後年齢をかさねるにつれて卵子の質が下がる傾向にあります。質の低下により着床しにくく、流産のリスクも高くなります。つまり、妊娠・出産率を上げるには卵子の質をあげ着床しやすく流産しにくい子宮環境を作ることが重要です。来局される際は基礎体温をつけて来て頂けるとあり難いです。

 女性だけではなく男性不妊症の相談も承ります。現在、不妊症の原因の半数は男性側に問題があるのではないかと言われています。『無精子症』『乏精子症』『精子無力症』など様々な種類のものがあります。そういった内容のご相談も承っております。


女性の悩み

 女性特有の悩みに漢方は古くから取り組み、長い歴史があります。

 血液検査では異常がないものの、貧血のようなめまいや立ちくらみがあり血圧が低くいような症状ありませんか?

 月経前症候群(PMS)、月経不順、月経痛、冷え性、肩こり、動悸、頭痛・頭重、更年期によるイライラやのぼせなどのホットフラッシュ、発汗などの女性特有の症状にお悩みではありませんか?

 そういった女性特有の症状に漢方薬は、ホルモンや自律神経のバランスを整えたり、血液の量を増やしたり、血液の流れをよくしたりする事により症状を改善してく事ができます。痛みがあるから痛み止めを飲むような対症療法ではなく、症状の根本的な原因を治すことで症状の改善ができます。


Copyright© すみれ漢方施薬院薬局 All Rights Reserved.